鹿児島県歯科医師会ブログ

鹿児島県歯科医師会で行っている行事などの掲載をしています

学校歯科保健活性化推進事業特別講演会

time 2015/02/23

 

今回の学校歯科保健活性化推進事業では特別講演として、“何を食べるか?”という「口に入る前の食育」と、“どう食べるか?”という「口に入った後の食育」の二つの観点から、「歯科界から見た食育」についての講演会が、行われました。

講演で、最近の子供は唾液が少ないとのことでした。確かに最近の子供は20年ぐらい前の子供と比べ歯科の治療中、唾液が多くて治療が困る子供が少なくなりました。以前は、ちょっと目を話すと唾液が溢れる子供が多かったものです。
この唾液が、体に入ってくるバイキン、ウイルスなどから体を守っている、唾液が少なくなると病気になりやすい。
日本の昔の食卓には、食事中にお茶や水など飲み物はなく、食事中に飲み物を飲むことは、行儀が悪いとされたそうです。最近飲み物が食事と同時に置いてあること、これにより流し込みで食べている。また、水分の多い食事などから唾液がなくても食べられる食事が多くなった。などなど、見えないところで日本人の体は抵抗力を失ってきているなあと感じました。

【演題】『歯科医師から見た食育』

【講師】岡崎 好秀 先生(国立モンゴル医科大学客員教授)

【日時】平成27年2月21日(土)15:00~17:30

【場所】鹿児島県歯科医師会館

kda_P2210074kda_P2210090

<プログラム>

15:00 開会・挨拶

15:05 講演(120分) 国立モンゴル医科大学 客員教授 岡崎 好秀

kda_P2210082

大島郡にも配信しました。

大島郡にも配信しました。

17:25 閉会

社会保険委員会

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

2019年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031