鹿児島県歯科医師会ブログ

鹿児島県歯科医師会で行っている行事などの掲載をしています

歯科の道具 〜その2〜

time 2015/09/15

デンタルチェア(ユニット)

デンタルチェア(ユニット)

歯科医院で治療の時に座るデンタルチェアです。歯科用ユニットともよばれます。このいすは治療しやすいようにいろいろ工夫されています。

足折れ式のデンタルチェア

足折れ式のデンタルチェア

(日本では、足折れ式のデンタルチェアが多いようです。外国では、足を伸ばして座るいすが多いようです。)

1.ライト(無影灯)

2.操作パネル

3.テーブル

4.フットペダル

5.スピットン

6.アシスタント操作パネル

 

1.ライト

LEDライト

LEDライト

これまでのライトはハロゲンランプが主流でした。最近、LEDのライトが出てきました。ライトのスイッチは手をかざし触れずにスイッチが入るもの、ライトの付けねにスイッチがあるもの、操作パネルにスイッチがあるものなどいろいろあります。

2.操作パネル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

操作パネル

このパネルには、座った時の背もたれを倒したり、起こしたり、椅子をあげたり下げたりするスイッチがあります。スイッチは、凸凹がなく汚れてもサッと拭けるようになっています。下にあるホースは、歯を削る時に使うタービン(その3で解説)、エンジン(その3で解説)、口の中に空気をかけて乾かしたり、洗ったりするスリーウェイシリンジ(その3で解説)があります。

3.テーブル

ここに前述の基本セットなど治療に必要な器具を置きます。

4.フットペダル

フットペダル

フットペダル

歯を削る道具の回転数を調整したり、操作パネルを触らずに椅子を上下、背もたれを倒したりできます。

5.スピットン

スピットンとコップ

スピットンとコップ

うがいをするコップがあるところです。コップの水は、自動で出るもの、うがいをする時に水が出るものなどがあります。外国では、うがいをする時だけ水が出るものが多いいようです。うがいをした水を吐き出すところをスピットンと言います。スピットンは、陶器やガラスでできておりうがいをし吐き出した水が飛び跳ねにくい形になっています。

 

6.アシスタント操作パネル

アシスタント操作パネル

アシスタント操作パネル

アシスタント(歯科衛生士、歯科助手)のところにあるパネルです。先生のところにあるパネルとほぼおじことができます。両脇にあるものは、スリーウェイシリンジ、口の中に溜まった水を吸引するバキュームです。

社会保険委員会

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

2018年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031